数理情報学科

マルチサイエンティスト、
マルチエンジニアを育成
Department of Applied Mathematics and Informatics


変化の激しい21世紀の科学技術は、数学・物理・情報科学などの枠を超え、さまざまな分野が密接に関連しあいながら、新しいものが生まれてきています。例えば、脳と心の科学、自ら学ぶコンピュータ、ユビキタスコンピューティングなどは、これから大きく発展していくのではないでしょうか。これからの時代は、一つの分野にとどまることなく、複数の異なる分野の知識・技術を身につけることが求められています。

マルチサイエンティスト、マルチエンジニアを育成

数理科学と情報科学にまたがった融合的なカリキュラム

現代の複雑な自然・生命・社会現象を解明しようとすると、抽象的な論理の探求と物理現象としての考察やコンピュータを使った解析が必要不可欠です。また、社会では、机上の理論や情報技術のどちらかに偏らず、数理・数学と情報科学の両分野の知識を持ち、多角的な視野をもって対応できる技術者のニーズが高まっています。数理情報学科では、時代の要請に応えるべく、数理科学と情報科学にまたがった融合的なカリキュラムで、これらの分野を融合した知識・技術を幅広く学べるようにしています。

数理科学と情報科学にまたがった融合的なカリキュラム

3分野の融合

柔軟な論理的思考力と数理的分析力、コンピュータを操る情報処理スキルを身につける

3つの分野を融合したカリキュラムによって、数学や情報などの知識を単に個別修得するだけなく、実践的な演習・実習をとおして、将来応用可能な数理情報の考え方を総合的にバランスよく身につけていくことができます。柔軟なカリキュラムの中で得意分野を活かすような科目群を選択すれば、あなた独自のオリジナルコースを作ることもできます。

柔軟な論理的思考力と数理的分析力、そしてコンピュータを操る情報処理スキルを身につけて、これから新しく生まれる分野にいつでも飛び込んでいけるような、マルチサイエンティスト、マルチエンジニアを育成しています。

柔軟な論理的思考力と数理的分析力、コンピュータを操る情報処理スキルを身につける

このページのトップへ戻る