阪井 一繁(さかい かずしげ)

阪井 一繁

講師|博士(情報学)|京都大・院・工

専門分野
数値計算、応用数理、計算科学
研究課題(長期)
非平衡・非線形現象の数理解析
研究課題(短期)
金属組織形成の数理モデルと計算機シミュレーション

研究テーマ:相変化現象の数理モデルと計算機シミュレーション

自然現象の多くは時々刻々変化する非平衡現象であり、また数理モデルの立場から見れば、非線形方程式で記述されるものである。我々の研究室では、巨視的な非平衡現象に対して数理モデルを構築し、それに基づく計算機シミュレーションによる現象の再現を研究テーマとしている。長期的には分野に捕らわれず、さまざまな現象を対象に研究を行ないたいと考えている。短期的(近年)には、いくつかの物質の相変化現象に対して、フェーズフィールドモデルと呼ばれるタイプの数理モデルを拡張した基礎方程式の構築ならびに計算機シミュレーションによる過程の再現をめざしている。

相分離現象の計算機シミュレーション

相分離現象の計算機シミュレーション

樹枝状結晶成長の計算機シミュレーション

樹枝状結晶成長の計算機シミュレーション

このページのトップへ戻る