大西 俊弘(おおにし としひろ)

四ツ谷 晶二

准教授|修士(学校教育学)|兵庫教育大・院・学校教育

専門分野
数学教育、科学教育、情報教育、教育工学、教育課程、形の科学
研究課題(長期)
数学教育を中心とした今後の科学教育のあり方
中等教育における教育課程全般のあり方
研究課題(短期)
  1. 数学教育におけるテクノロジー利用
  2. 統計リテラシーの育成
  3. 高校の教育課程・学習指導要領に関する研究

研究テーマ:科学教育のカリキュラム開発

1.テクノロジー利用を前提とした数学科のカリキュラム開発
欧米では中等教育段階の数学の授業において、コンピュータ等のテクノロジーを利用することが日常化しつつある。パラメータが変化すると関数グラフや図形がどのように変化するかを見せたり、数値シミュレーションを行うなどして、数学の美しさや有用性を伝えることに熱心に取り組んでいる。一方、我が国においても同様の実践例はあるものの、既存の教育課程と整合性がとりにくく、あまり普及していない。
そこで、第1段階として、下記のようなテクノロジーが利用でき、かつ日本の実情にも適した教材を開発していきたい。
(1)動的幾何学習ソフト(GEOGEBRA等)
(2)グラフ作成ソフト(GRAPES等)
(3)数式処理が可能なグラフ電卓
第2段階では、テクノロジーの利用を前提とした教育課程の改善案を提唱していきたい。
2.高等学校の教育課程の研究
2009年に高等学校の学習指導要領が告示され、理科・数学以外の教科は2013年から(数学・理科は2012年から)学年進行で実施されている。高等学校の教育課程の研究は、特定教科に焦点をあてたものがほとんどであり、教科横断的な研究や学校の事情に精通した研究は非常に少ない現状がある。また、数学科・理科・情報科といった理系の教科間においてすら連携がとりにくい状況がある。それらの課題を克服すべく、高等学校の教育課程の編成のあり方について研究していきたい。
3.高校・大学間の円滑な接続に関する研究
初年次教育やリメディアル教育の重要性が指摘されて久しいが、必ずしも上手くは行っていない大学が多いようである。その原因の1つには、大学教員が高校以下の教育の実情を知らず、教科内容にも精通していないことが挙げられる。長年、高校教育に携わってきた経験を活かして、高校と大学の間のギャップを埋めるには、どのような取り組みが有効かについて研究していきたい。

このページのトップへ戻る