馬 青(マ セイ)

馬 青

教授|工学博士|筑波大・院・工

専門分野
情報科学
研究課題(長期)
学習に基づく自然言語処理
研究課題(短期)
  1. 英作文支援システムの開発
  2. 意味に基づく情報検索
  3. Webを情報源とする質問応答システム
  4. 大規模文書データからの情報自動抽出、自動要約

研究テーマ:自然言語処理

当研究室では、自然言語処理、すなわち、人間の読み、書き、話す言葉を如何にコンピュータで処理(解析、理解、生成)するかについて研究しています。自然言語処理の技術はかな漢字変換のような身近な例はもちろん、高度情報化社会の今においてはインターネットなどからほしい情報を自動選別収集してくれるシステムの開発に大きな役割を果たしています。
人間の言語能力はたくさんの実例を学ぶことによって身に付けているということから、当研究室では、学習に基づく言語処理のアプローチを取っています。具体的には、脳を真似しようとする立場から考案された神経回路網や、数理統計、人工知能などの研究により考案された学習理論や手法を駆使し、日本語や英語に存在する構文的意味的な曖昧性解消といった基礎研究を行っています。そして、基礎研究で得られた成果や知見に基づき、日英単語が混在する入力文から、英文を自動生成する英作文支援システムの研究開発や、質問を入力するだけでインターネットから素早く的確に答えを教えてくれる質問応答システム(図)の開発など、さまざまな応用課題にも取り組んでいます。

開発したシステムの質問応答例

開発したシステムの質問応答例

このページのトップへ戻る