山中 裕樹(やまなか ひろき)

山中 裕樹

講師|博士(理学)|京都大・院・理

専門分野
動物生理生態学、魚類生態学
研究課題(長期)
環境変動が動物個体の生理状態と行動の変化を介して群集に与える影響 の予測
研究課題(短期)
環境DNAによる生物相・生物量推定手法の高精度化

研究テーマ:環境DNAによる生物モニタリング技術の開発・応用

魚類を主な材料として生理生態学的な研究に取り組んでいます。生理学的な特性と環境要因との関係を実験条件下で数値化することで、野外環境下での野生動物の場所利用や行動を予測するような研究内容に興味を持っています。このアプローチによって、環境変化が個体群や群集に影響するまでのプロセスを個体ベースの環境応答を基礎とする理論で説明したいと考えています。

ここ数年のプロジェクトでは環境DNAによる生物相調査、生物量推定のための新規技術の開発と実用化のための基礎研究を行っています。河川や湖に生息する水生生物は体表の粘液や排せつ物を介して、種特異的な情報を含むDNAを環境中に放出しています。このように環境水中に浮遊・溶存しているDNAを環境DNAと呼んでいます。そこに棲む生物の種類や量を、水という極めて採取しやすい試料を分析することで推定できる環境DNA技術は省力化・短時間化された調査手法として注目を浴びています。その発展は今後の生物多様性保全やそれに関わるアセスメント、そして群集生態学の進展に大きな貢献となると期待し、研究に取り組んでいます。

代謝量(酸素消費量)の測定例

代謝量(酸素消費量)の測定例

DNA定量のためのリアルタイムPCR

DNA定量のためのリアルタイムPCR

このページのトップへ戻る