菊池 隆之助(きくち りゅうのすけ)

菊池 隆之助

教授|Ph.D.|ブルガリア ソフィア工大・院

専門分野
環境科学、環境工学、環境政策
研究課題(長期)
然科学・工学技術から社会科学までを含む総合的アプローチの理論・実践体系の確立
研究課題(短期)
レアメタル回収、オイルスラッジ、廃棄物と燃料製造、広域汚染処理、温暖化対策と社会開発、生物多様性と動物虐待、発展途上国における環境リスク、KT境界における地球変動と生態系変遷、バイオエコノミー、クリーンエネルギーが及ぼす生態系へのインパクト。

研究テーマ:環境問題・自然保護への総合アプローチ

当研究室では環境問題の解決に向けて、理学/農学と工学の両面に文系的側面(社会・経済・政策)の要素をさらに加えた総合的アプローチを模索しています。環境学を「自然科学・工学技術から社会科学までを含む多様要素に関する学問体系」として定義づけし、個々のアプローチを統括・融合させていくことが重要だと考えています。その背景に昨今の動向があります。例えば、(1)温暖化対策と社会開発を融合させる重要性(バリ会議以降)、(2)経済性の観点からの廃棄物・リサイクル政策への疑問視、(3)全世界規模の慢性的な失業・低所得の解決策としての環境ビジネスのあり方、(4)世界最大の動物虐待国(年間約2千万頭)である日本に対する世界からの非難、(5)クリーンエネルギーが自然生態系へ及ぼす潜在インパクトの懸念などがあります。人と自然の一体化「ともいき」を建学理念とする龍谷大学に属する一研究室として、この大学理念を具現化する研究成果や方策提案を国内外へ発信することに取り組んでいます。

アフリカにおける環境リスク

アフリカにおける環境リスク

北極圏における広域自然破壊

北極圏における広域自然破壊

アジアにおける絶滅危惧の乱獲・虐待

アジアにおける絶滅危惧の乱獲・虐待

このページのトップへ戻る