石崎 俊雄(いしざき としお)

石崎 俊雄

教授|工学博士|京都大・院・工

専門分野
マイクロ波工学、電子通信工学
研究課題(長期)
マイクロ波・ミリ波新規デバイス・システムの研究
研究課題(短期)
マイクロ波フィルター、メタマテリアル、無線電力伝送の研究

研究テーマ:マイクロ波通信デバイスに関する研究

携帯電話を始めとするマイクロ波・ミリ波を使った無線通信技術は私たちの生活を大変便利なものに変えていっています。今日これらが実現できたのは新しい様々なマイクロ波通信デバイスが実用化されたからです。
その中でも、これら無線機器の小形化・低コスト化に大きく寄与したのがマイクロ波フィルター技術です。フィルターは、携帯電話やテレビや無線LANなどのいろんな電波が飛び交う中でお互いに混信を起こさないように必要な電波だけを取り出す重要な働きをしています。
これをさらに小形化・高性能化するために、本研究室では、左手系メタマテリアルの技術をマイクロ波フィルターに適用する研究を行っています。左手系メタマテリアル中では、電波は周波数が低くなるほど波長が短くなるという常識とは全く正反対の特徴を示します。このようなスローウェーブ特性を用いてフィルターの小形化・高性能化を図っていこうというものです。
さらに、将来のマイクロ波応用としては、情報を送る携帯電話の次のターゲットとして、エネルギーを送る無線電力伝送を実現していきたいと考えています。これが実現できれば、情報を送るケーブルと電力を送る電源コードを全く必要としない真の無線システムが完成します。その時には、家の中にある多くのケーブル類が無くなり、また携帯電話機の充電を気にする必要も無くなるでしょう。このように、本研究室では、未来の便利な生活を実現するマイクロ波通信デバイスに関する研究を行っています。

左手系メタマテリアルフィルタの内部構造

左手系メタマテリアルフィルタの内部構造

開発中のメタマテリアルセラミックフィルタの写真

開発中のメタマテリアルセラミックフィルタの写真

このページのトップへ戻る