植村 渉(うえむら わたる)

植村 渉

講師|博士(工学)|大阪市立大・院・工

専門分野
情報通信工学、人工知能
研究課題(長期)
可視光通信の応用、自律移動ロボットの制御
研究課題(短期)
多重化無線通信、RoboCup Logistics League

研究テーマ:可視光無線通信、自律移動ロボット

【可視光無線通信】 一般に無線通信といえば、電波や赤外線を使った通信方法ですが、私たちは光を使った通信方法を研究しています。照明機器の光源がLEDに置き換わっており、簡単に光源を高速で点滅させることができるようになりました。その点滅のパターンを変えることで、情報を送信するのが可視光通信です。従来の無線通信と異なり、通信の状態が目に見えるため、利用者にとってわかりやすい無線通信が実現できます。研究室では、この可視光通信を使った応用例を提 案し、その実現のための課題を研究しています。
【自律移動ロボット】 ロボットを使った競技会であるRoboCup 世界大会に、BabyTigers-Rとして毎年参加しています。RoboCup では、競技者はロボットを操作してはいけません。試合が始まったら応援するだけです。起こりえるトラブルを先に想定して、いかに効率よく対処できるプログラムを作るかがポイントです。2015年の世界大会では3位の成績を収めました。

図1

図2

このページのトップへ戻る