張 陽軍(ちょう ようぐん)

張 陽軍

准教授|博士(工学)|静岡大・院・電子科学

専門分野
電磁波工学
研究課題(長期)
電磁波計測・通信デバイスの研究
研究課題(短期)
電磁波応用計測、計測システム、人工誘電体アンテナ、共振器結合の解析

研究テーマ:•マイクロ波自由空間計測システム •平面型マイクロ波水分センサー
•人工誘電体フラットレンズアンテナ •小型平面超広帯域アンテナ
•共振器結合係数の解析および実験検証 •ダイオードグリッドに基づいた電磁波シールド
•誘電体の影響を低減できる無線電力伝送システム

情報通信社会においては、高分解能の計測技術や、機械の小型・軽量化、およびマルチメディア移動通信などが必要とされています。そのため、マイクロ波や光など超高周波に関する研究及び技術開発は、通信やセンシングの領域すべてに必要不可欠となっています。
本研究室は、電磁波を用いることで今まで測定が困難であった様々な計測対象を計測可能にする先端的計測技術を研究しており、マイクロ波計測法の非接触、非破壊、かつ瞬時に測定できる特徴を活かして、物質の誘電特性、含水率、密度などの計測に関する研究に力を入れています。また、小型化、および高い実用性を持つ計測システムの開発を目指して、システム中の重要なデバイスであるアレーアンテナの開発も進めています。
一方、今日の計算機技術の向上によりデバイス材料のパラメータの精密な計算が可能になり、また、フォトリソグラフィ技術により金属粒子の配置や大きさを自由に行うことができるようになりました。本研究室は、これらの新しい技術を用いて以前実現できなかった新しいデバイスの開発も行っています。研究の一例として、金属粒子の配列や、形状、寸法を変化させることによって任意の誘電率を得ることで、フラット且つ薄型のレンズアンテナを開発しました。さらにレンズに反射防止層を付加することにより小型でシンプルな構造を保ちつつ、より実用的なレンズの開発を進んでいます。その他、強い電磁波を防御できる自力制御式シールドやマイクロ波フィルターや無線電力伝送の重要な素子である共振器の研究も推進しています。

図1 電波暗室の一隅

図1 電波暗室の一隅

図2 マイクロ波による測定結果

図2 マイクロ波による測定結果

図3 開発した人工誘電体フラットレンズ

図3 開発した人工誘電体フラットレンズ
  (直径50㎜、厚み5㎜)

図4 人工誘電体フラットレンズの評価結果

図4 人工誘電体フラットレンズの評価結果

このページのトップへ戻る