木村 睦(きむら むつみ)

木村 睦

教授|博士(工学)|京都大・院・工

専門分野
薄膜トランジスタ・電子ディスプレイの特性解析、シミュレータ開発とアプリケーション開発
研究課題(長期)
薄膜トランジスタの特性解析による動作原理解明、プロセス・デバイス・回路シミュレータモデルの開発、薄膜トランジスタを用いたアプリケーションの開発
研究課題(短期)
薄膜トランジスタの特性解析・欠陥解析、電流電圧特性解析・容量電圧特性解析、低温成膜・レーザー結晶化・低温活性化モデルの開発、回路シミュレータのコンパクトモデルの開発、革新的ディスプレイ・エレクトロニクスの応用の検討

研究テーマ:薄膜トランジスタと電子ディスプレイの研究開発

薄膜トランジスタ(TFT)は、ノートパソコンや携帯電話の液晶ディスプレイ(LCD)などに用いられていますが、これらの上では100万個くらいのTFTがひとつひとつ動作して画像をつくっています。最新の研究では、大型のプラスティックシートにつくって、視るときはポスターのように壁に貼り、しまうときはクルクルと巻いておくようなテレビなども、考えられています。また、TFTは文字どおり薄膜のトランジスタであり、どんな電子回路をつくることもできるので、厚さ数ミクロン程度のわずかな構造で全くジャマにならない電子回路をつくることが可能となります。最先端の技術を用いて積層すれば、原理的にはサイコロほどの大きさに100億個くらいのトランジスタを集積することができますが、インテルCore i5のトランジスタ数(10億個)を凌駕し、より脳細胞の数(150億個)に近く、人工知能を構成することも可能かもしれません。木村研究室では、TFTやOLEDなどの電子ディスプレイについての基礎研究・シミュレーション・応用開発を手広くやっています。

薄膜トランジスタのシミュレータ開発

薄膜トランジスタのシミュレータ開発

木村研での実験風景

木村研での実験風景

このページのトップへ戻る