藤原 学(ふじわら まなぶ)

藤原 学

教授|工学博士|大阪大・院・工

専門分野
分析化学
研究課題(長期)
金属化合物、金属錯体および関連化合物の構造と電子状態の解明
研究課題(短期)
金属材料、環境試料、考古試料などを対象とした分析化学

研究テーマ:X線を主とした機器分析化学

金属イオンの性質については古くから研究され、既にすべてのことが解明されているように思われておりますが、ある新しい配位子と組み合わせることにより、今まで知られていなかった特異な性質を引き出せることがあります。このような金属を含む新しい物質の構造や特性を簡単に評価する方法があれば、この分野の研究がさらに進展することが期待されます。そこで、我々はX線光電子スペクトル法およぴ固体NMR法などをこのような状態分析法として応用するために必要な基本データの集積を行い、同時に物質や電子と電磁波の相互作用、エネルギーの吸収・移動・失活や固相における分子運動などについての理解を深めることを目的として精力的に研究を行っております。最近は分析対象の範囲を広げ、可搬型蛍光X線分析装置やX線顕微鏡などを用いて、森林土壌試料および「大谷コレクション」などの考古試料に含有される無機化合物を中心に分析を行っております。具体的な研究テーマは、「X線光電子スペクトル法による第一遷移金属化合物の状態分析」「森林土壌中の有機化合物・無機化合物の動態(NMR法、GC-MS法、超臨界二酸化炭素抽出、蛍光X線分析法、X線回折法など)」「DV-Xa分子軌道法による電子構造の解明とスペクトルピークの理論的解釈」などです。それ以外にも、共同研究者とともに生体試料などを対象にした簡便で信頼性の高い新しい分析手法の開発にも取り組んでいます。

可搬型蛍光X線分析装置

可搬型蛍光X線分析装置

X線光電子分光装置(アルベック・ファイ製ESCA1600R)

X線光電子分光装置
(アルベック・ファイ製ESCA1600R)

このページのトップへ戻る