学科紹介

現代の自然科学を代表するキーワードである「物質」「エネルギー」「情報」に対応し、人間、地球環境と調和した科学・技術の発展を支える6学科で構成しています。

数理情報学科

個別指導や実習・演習の重視により、自然科学の領域の論理的思考力の基礎の上に、情報科学の基本的考え方と技術やコンピュータを駆使したシミュレーション技術などの解析方法を身につけた人材を育成します。

詳しくはこちら

数理情報学科

情報メディア学科

人や環境にやさしい高度情報化社会の創生をめざして、情報システム、メディア工学、ソフトウェア科学の3コースで、次代に求められる実践力を身につけた人材を育成します。

詳しくはこちら

情報メディア学科

電子情報学科

電子工学と情報学の融合的な教育を基礎として広い視野を重視することにより電子・情報・通信の分野に適応できる応用能力を身につけた人材を育成します。

詳しくはこちら

電子情報学科

機械システム工学科

従来の機械工学と材料物性、制御、メカトロニクス、情報に関する知識を総合的に身につけた人材を育成します。

詳しくはこちら

機械システム工学科

物質化学科

地球環境や人間を視野に、物理学や化学を基礎とした応用化学を学び、新物質の合成や新材料の創製とその評価までの一貫教育により、社会で活躍できる人材を育成します。

詳しくはこちら

物質化学科

環境ソリューション工学科

環境工学と生態学の2つの領域を横断的に学ぶ斬新なカリキュラムによって、生態学の知識を持った環境工学のエンジニアと、工学的なセンスを備えた生態学のエキスパートを育成します。

詳しくはこちら

環境ソリューション工学科

このページのトップへ戻る