キャリア教育

キャリア講師紹介

キャリア講師&キャリア・ティーチングアシスタント

キャリア講師

キャリア講師は、企業研修講師等でキャリアカウンセラー・社会保険労務士などの資格を有する、キャリア教育に関して経験豊富な外部の専門家で、組織されます。

キャリア・ティーチングアシスタント(キャリアTA)

キャリア・ティーチングアシスタントとは、キャリアカウンセラーの有資格者で、大学でのキャリア教育の実践経験が充分でなくても、面接の上、熱意のある者をキャリアTAとして採用する。キャリア講師の授業を補助し、これにより学生への個別指導を充実させます。

キャリア講師の育成について

キャリアTAとしての少なくとも1年間の教育現場実績をみた上で、教育能力が充分であると、認められる者を「キャリア講師認定委員会」が大学にキャリア講師として推薦します。

キャリア講師の育成について

PROFILE

矢野 隆子講師

キャリア教育の考え方

授業で「先生、社会に出るということは覚悟が必要だよね」といった学生がおりました。
キャリア教育を学んだ結果出た言葉でした。そうだよね、いくら土壌を耕し、種をまいて水をやっても、自ら咲こうとしないのでは、花が咲かないよね。キャリア教育とは、自分という種を知ることから始まり、自分の人生は自分で決め歩んで行こうとする夢と覚悟であり、意欲だと考えています。可能性を一杯持った若者に、志を持ってもらいたいと願っています。

矢野 隆子講師

湯口 恭子講師

キャリア教育の考え方

キャリア教育は、学生自身が内なる自分の声と向き合い目標を見つける事、そして今の自分との差を埋める努力を、行動として起こしていく事が大切だと思います。時にはつまづいたりくじけたりすることがあっても、一度しかない人生を強く生きようとする力を、学生達に持ってほしい。多くの人との交流を図り、社会のことを学び、人間社会を生きる知恵と覚悟を持った上で、自分にしか描けない未来への夢を育んでほしいと願っています。

湯口 恭子講師

山崎 聡子講師

キャリア教育の考え方

「皆、考え方がバラバラでビックリしたわ」と初めてグループワークを経験した一年生の感想。そう、答えは一つではなく人によってさまざま。人との交流を通して「自分らしさ」を発見し、学問や社会について「なぜ、どうして?」と考える探検家になってほしい。失敗をしてもあきらめず、夢や目標に近づいていく苦楽を味わってほしい。一人ひとりが自分の成長を感じられる授業を、学生と共につくりたいと願っています。

山崎 聡子講師

神殿 織江講師

キャリア教育の考え方

自分で考え、自分の意見を発言でき、“人は、それぞれ違う。違っていて当然”という気づきが大事だと思います。そして、自分自身を好きになり、物事に関わっていける積極性、人の意見も尊重し、いろんな見方ができる視野を養っていくことだと考えます。それぞれのキャリア方向を模索し、大学生活を楽しく有意義にするために、一緒に考えていきましょう!

神殿 織江講師

このページのトップへ戻る