キャリア教育

キャリアプランニング(2年次前期:学部内共通科目・2単位)

概要

2年次、キャリアプランニングでは、種をまき、芽を出すことの意識を自らが自覚します。自分らしさを活かして大学生活を充実させる為の自己分析及び自己現状分析をしっかり行い、将来を見据え、これからの大学生活で何を経験しておくべきか、実際に行動を起こす為の具体的計画をたてます。
目標を達成するために自分でプロセスを楽しめる状態に持っていく力が必要です、それは、「なぜ」「どうやって」「どうしたら」を考え、答えを出す作業がその力として身につくものであり、自分の言葉でその経験を熱く語れるようになることです。

「キャリアプランニング」の取組イメージ

  • 自己分析をしっかりと行い、さらにどんな業種・職種があるかを、できるだけ具体的にイメージする。
  • 現状認識の上、目標への筋道や手段を見つけ出し、具体的なプランを立案し、「自分を試してみたい!」という意欲を顕在化させる。

授業概要

  • (1)オリエンテーション:自分について考える
  • (2)私の勤労観と職業観
  • (3)自己分析:価値観・能力について
  • (4)自己分析:私の強みを見つけよう
  • (5)自己分析:私の強みを掘り下げよう
  • (6)社会を知ろう:その1
  • (7)社会を知ろう:その2
  • (8)社会を知ろう:その3
  • (9)グループディスカッション
  • (10)自己分析のまとめ:統合
  • (11)自己の課題を見つけよう:グループカウンセリング
  • (12)自己の現状しらべ
  • (13)キャリアプラン作成
  • (14)キャリアプランニング発表:プレゼンテーション

授業風景

全学科の2年次生、約300名が受講。
自己現状分析から、なりたい自分をしっかりつかみ、具体的な行動へのプランを作成していきます。

授業風景

この日の授業は、「社会を知ろう」。
同じ職種でも、種により多岐に分かれる事を、キャリア講師の社会経験を通して解説。多くの選択肢があることを学生達に講義。

小グループに分かれて、自分のなりたい職業とその理由を発表。 互いの考え方を知ることで、自身の気づきを促していきます。

経験に基づく具体的な社会のしくみの解説に、学生たちはよりリアルに自分の将来プランを作り上げていきます。

キャリアプランニング最終授業

キャリアプランの発表

キャリアプランニング授業の仕上げとして、最後に代表者によるキャリアプランの発表が行われました。
自己実現に向けてへの熱い思い
各自この3ヶ月余りの間での授業を通して感じた、キャリアへの考え方の変化や、これからの自己実現に向けてへの熱い思いを語りました。

講師陣は、授業がちゃんと身についているだろうかとハラハラしつつも、 各自の成長した姿を頼もしく見つめていました。

真剣に発表者のメモを取る学生。考えの違いや、参考になる点を自分のキャリアプランと比較しつつ聞き入っていました。

学生の声

積極的に授業に参加。
自分のコミュニケーション能力を高められました。

理工学部 数理情報学科 清水久寛(シミズヒサヒロ)

1年生からキャリアの授業を受けてきて、一番嬉しかったのは自分のコミュニケーション能力を高められたことかなと思います。通常の授業だとどうしても受身でしかないのが、この授業では積極的に参加し、自分の意見を言うことができるので、毎回充実していると感じています。

さらにコミュニケーションを深めていくと、「相手の事を知りたい」という気持ちも強くなっていきました。そのおかげか、この前のグループカウンセリングでは、意識のばらつきのあったメンバーとも最後には同じ思いを共有することができ、その後お互いが刺激し合えるように変わってきました。

将来はパソコン・オーディオ関連のデザインや商品の企画の仕事に携わりたいと考えています。夢を生きがいにするためもっと努力していきたいと考えています。

清水久寛(シミズヒサヒロ)

このページのトップへ戻る