Need Help?

Faculty of Advanced Science and Technology

先端理工学部

知能情報メディア課程

  • 多様化・高度化するメディア時代にあって、人や環境にやさしい情報社会の実現に貢献でき、情報産業の創造・発展に寄与できる人材を育成します。

    講義紹介

    知能情報メディア課程 
    「コラボレーション演習」について

    橋口 哲志 助教

    橋口 哲志助教

    [専門分野]
    バーチャルリアリティ、ヒューマンインターフェイス、触覚

    体験をデザインする力を備える

    メディア工学、情報システム、ソフトウェア科学についての基礎知識と処理技術を活かし、さまざまな課題解決に取り組みます。私が担当するのは、Web VR/AR 技術を用いた課題解決です。VR/AR は、情報を「体験」として伝達できるメディアを指し、なかでも演習で扱うWeb VR/AR は、プログラミングの実行結果が即座に反映されるため、コンテンツを簡易的に作成できます。その利便性を活かしつつ、楽しくて使いやすい価値あるコンテンツを生み出すための「体験のデザイン」を学んでいきます。本演習はグループで学修を進めます。各々のWeb VR/AR 技術をもち寄り、グループで一つのコンテンツを作成。アイデア出しからコンセプトデザイン、システムデザインと、コンテンツデザインの流れを経験できます。これらの技術的な学びに加えて、役割分担でプロジェクトを進めることが多いエンジニアやプログラマーに不可欠な、協調性やコミュニケーション能力も培います。

    橋口 哲志 助教


    Laboratories 研究室紹介

    知能情報メディア課程 藤田 和弘 研究室

    大江 凌太郎さん

    低解像度ナンバープレート画像を機械学習で識別させる

    大江 凌太郎さん

    理工学部 情報メディア学科 4年生
    (京都府立加悦谷高等学校 出身)※現 京都府立宮津天橋高等学校 加悦谷学舎

    デジタルカメラが行う画像処理に興味があり、機械学習による画像識別など画像工学を扱う藤田研究室に入りました。現在私がテーマにしているのは「低解像度ナンバープレートの識別」です。機械に低解像度ナンバープレートを学習させる際は、学習画像を自分で作成しています。内部的にどのような処理を行い、学習画像を作成しているのかを数式で表す必要があるからです。不明なプロセスを排して立証していくという研究への姿勢を身につけることができました。

    [その他の研究室テーマ]

    • ソフトウェア開発支援環境に関する研究
    • 推薦システム
    • メディアフォレンシック(科学捜査のための画像メディア処理)
    • Virtual Connection:モノでつなぐ仮想回路システムの提案
    • 聞きたい人だけに聞きたい音を届けるシステムの研究
    • 体験をもとに感覚をデザインするシステムの研究

    Request Information

    資料請求