Need Help?

Faculty of Advanced Science and Technology

先端理工学部

応用化学課程

  • 自然やモノづくりを理解し、化学的な問題や課題に対して応用化学の立場から持続可能な社会を築くことができる人材を育成します。

    講義紹介

    応用化学課程 
    新しくなったカリキュラムについて

    宮武 智弘 教授

    宮武 智弘教授

    [専門分野]
    有機化学、超分子化学

    実践的な学びで主体性を促す

    先端理工学部では、実社会での活躍を見据えたカリキュラムを採用しています。応用化学課程は分析や化学合成などの実習科目を多く配置して、さまざまな化学実験をとおした課題解決力の向上をめざしています。学生が試行錯誤を重ねながら学べる機会を設けることで、段階に応じて自身の知識やスキルの成長を実感できるのがポイントです。さらに、専門分野の異なる教員・学生とのグループワークやディスカッションを通じて、多様な考えに触れ、視野を拡大できるのも、刷新されたカリキュラムの特長です。専門課程で蓄積された応用化学の知識に加えて、情報工学や機械工学、電子工学、環境工学などの他の理工系分野への知見も広げられます。実社会での仕事は、いろんな専門性を有する人同士の共同作業によって成立しています。現在の学びがどのように役立つのかを意識した指導で、確かな知識・技能をもった人材を育みます。

    宮武 智弘 教授


    Laboratories 研究室紹介

    応用化学課程 河内 岳大 研究室

    吉本 佳奈子さん

    最先端の分析装置で合成樹脂の開発に挑戦

    吉本 佳奈子さん

    理工学部 物質化学科 4年生(京都府立莵道高等学校 出身)

    有機合成で新材料をつくりたくて、本研究室を選択しました。現在は小型電子デバイスに利用可能な合成樹脂を開発しています。最先端の分析装置で合成の状態を確認しつつ実験を進めることで、理論上で学んでいた化学事象に実感が伴い、理解がより深まりました。最近では、自ら結果を予測して実験を行えるようになっています。本研究室では、熱的・機械的性質の評価も行っているので、合成、分析、材料評価と化学を幅広く学ぶことができています。将来は、海洋プラスチック問題など環境面で貢献できる材料を開発したいと思います。

    [その他の研究室テーマ]

    • ナノ複合酸化物の合成と放電プラズマ焼結に関する研究
    • エネルギーや環境問題の解決をめざした材料研究
    • ペプチド集合体をキャリアとする細胞内薬物送達システムの開発
    • 脂質二分子膜内でのクロロフィル色素の組織化に関する研究
    • ジアリールエテンの分子構造とその結晶が示す光応答挙動の研究
    • 奈良絵本に使用された銅系顔料およびそれらの関連化合物の科学分析

    Request Information

    資料請求