Need Help?

Faculty of Advanced Science and Technology

先端理工学部

環境生態工学課程

  • 生態学に立脚した自然への理解と環境工学的な課題解決アプローチを学修し、環境問題に対して創造的に課題解決法を提案できる人材を育成します。

    講義紹介

    環境生態工学課程 
    講義「環境寄席」について

    宮浦 富保 教授

    宮浦 富保教授

    [専門分野]
    森林生態学

    環境問題解決の多様性と本質に迫る

    私たちが現在直面している環境問題を、人類の存続に不可欠な資源や、川や森などの自然、気象現象などの身近な事例から考察します。環境問題は多岐にわたるため、さまざまな観点から問題を考えることが大切です。各講師が自身の専門分野に関する課題を取り上げ、その背景や考えられる解決策を解説する「環境寄席」は、環境問題とそれに対するアプローチの多様性を学ぶことを大きな目的としています。また、環境問題の本質に迫るには、社会や経済、文化などの要因を学んだうえで、理工学的な視点からアプローチすることが肝心です。授業ではさまざまな現象への理解を深めてもらうため、視聴覚教材を多く取り入れるようにしています。人間の生活環境にまつわる問題を視覚的に認識することで、諸問題を多角的な視点から柔軟に考えてもらうのがねらいです。先端理工学のあらゆる学びに通じる、本質を見抜く力を養ってほしいと思います。

    宮浦 富保 教授


    Laboratories 研究室紹介

    環境生態工学課程 越川 博元 研究室

    井上 潤哉さん

    正解のない問題や課題を乗り越えた先にある気づき

    井上 潤哉さん

    理工学部 環境ソリューション工学科 4年生(京都府立久御山高等学校 出身)

    研究室の実験では、器具の扱い方から卒論研究に役立つ内容まで幅広く学びます。「硬貨に由来する菌株の薬剤に対する特性」という卒業論文のテーマにたどり着いたのも、研究室の講義がきっかけです。卒論研究は通常の実験とは異なり、正解となる答えがありません。想定外の結果に直面し、次の工程を悩むこともしばしばでした。そんな困難を乗り越えられたのは、研究室の先生や仲間から助言していただいたおかげです。正解のない問題に向き合う難しさを実感すると同時に、適切にサポートしていただける環境に感謝が芽生えました。

    [その他の研究室テーマ]

    • 環境核酸分析による生物多様性評価技術の開発
    • 生態系変動予報の開発
    • 科学分析による環境とヒトの関わりの歴史の検証
    • 健全な都市水循環システムの構築
    • 熱処理による廃棄物の再資源化技術の開発
    • 発展途上国向け環境評価に関する簡易手法の開発

    Request Information

    資料請求