機械システム工学専攻

機械システム工学専攻

基礎と応用で役立つエンジニアを育成する

変化する社会の要請に応えるため、安全で信頼性が高く経済的で、かつ人間・環境にやさしい新しい機械システムを構築するには、材料力学・強度学や熱・流体工学、機械力学などの伝統的な機械工学を基礎として、さらに材料工学、電子回路、制御工学、システム工学など幅広い分野における高度な知識が必要となります。また、この知識を一層発展、応用するために豊富な経験や高い素養を持つ必要があります。本専攻は、力学系、エネルギー系、システム系の3系統から構成され、広い分野にわたる特論科目をそろえたカリキュラムと、各分野における特色ある研究活動を通じ、創造力や解析力、行動力、問題解決能力が育成されるよう、総合的な教育・研究を進めています。特に、本学の建学の精神に沿い、人間にやさしく、地球環境にもやさしい機械システム作りをめざし、社会に貢献するエンジニアを育成していきます。

このページのトップへ戻る