物質化学専攻

物質化学専攻

グリーンケミストリーを土台とした教育プログラムで学ぶ

物質化学科および専攻では、仏教の思想に基づき、高い倫理観をもちバランスのとれた化学者・技術者・社会人を育成することを教育理念としています。環境や資源、エネルギー、リサイクルなど地球環境に配慮したグリーンケミストリー(環境にやさしい化学)をテーマに掲げ、理論と実践の両面から新しい物質を開発できる人材の育成をめざした教育活動を推進しています。また、地球上における多くの生態系を含めた物質循環の観点から環境関連科目が充実しており、基礎学力の習得とともに、「分析・環境科学」、「無機・セラミックス」、「有機・高分子」、「生物機能分子化学」の4コースから専門分野を深く学ぶ。学部および大学院共に、日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けているため、世界水準の教育プログラムを受講できます。さらに、2008年度から東洋の倫理観に根ざした高度な技術者養成を目指したプログラム(大学院GP)も開始されています。

このページのトップへ戻る