Need Help?

Graduate School of Science and Technology

理工学研究科

学位論文審査基準

1)論文テーマの妥当性
論文テーマの設定については社会的要請を考慮にいれるとともに、研究についての学術的意義が明確であること。

2)問題の適切性
テーマに沿って問題が適切に設定されていること。

3)論理の一貫性
一貫した論理が展開されていること。

4)研究方法
社会の要請する学術的或いは科学技術的課題に対し、与えられた条件の下で、その課題を分析し、解決に至る手順を示し、それを実行し、その結果を明瞭に表現したものであること。

5)体裁
引用等が適切に処理され、学術論文としての体裁が整っていること。

6)先行研究との関連性(参考文献の適切性)
テーマに関連する文献を詳細に調査し、それらを自己の観点から充分に分析していること。

7)独創性(新規性)
テーマや問題設定、研究方法、結論等に独創性が認められること。

8)専門性
社会の要請する学術的或いは科学技術的課題に対し、当該分野の高度な専門知識を駆使したものであること。

9)広汎性
社会の要請する学術的或いは科学技術的課題に対し、関連する分野の幅広い基礎知識を駆使したものであること。

10)資質
広い視野を備える清深な学識とその専攻分野における研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を有することを立証するに足るものであること。

11)その他
2年間広い視野に立って専攻分野の研究をした成果に相当するものであること。

1)論文テーマの妥当性
論文テーマの設定については社会的要請を考慮にいれるとともに、研究についての学術的意義が明確であること。

2)問題の適切性
テーマに沿って問題が適切に設定されていること。

3)論理の一貫性
一貫した論理が展開されていること。

4)研究方法
社会の要請する学術的或いは科学技術的課題に対し、与えられた条件の下で、その課題を詳細に分析し、解決に至る手順を明確に示し、それを広範に実行していること。また、その結果を当該分野だけでなく関連分野の専門家が充分納得するレベルで表現したものであること。

5)体裁
引用等が適切に処理され、学術論文としての体裁が整っていること。

6)先行研究との関連性(参考文献の適切性)
テーマに関連する文献を詳細に調査し、それらを自己の観点から充分に分析していること。

7)独創性(新規性)
テーマや問題設定、研究方法、結論等に他に類を見ない高度の独創性が認められること。

8)専門性
社会の要請する学術的或いは科学技術的課題に対し、当該分野について非常に高度な専門知識を駆使したものであること。

9)広汎性
社会の要請する学術的或いは科学技術的課題に対し、関連する分野の非常に幅広い基礎知識および専門知識を駆使したものであること。

10)資質
広い視野を備える清深な学識とその専攻分野における非常に高度な研究能力を有することを立証するに足るものであること。

11)その他
博士後期課程(3年間)在学中に広い視野に立って専攻分野の研究をした成果に相当するものであること。

第1 章修士論文の審査等

(論文の提出資格)
第1 条龍谷大学大学院理工学研究科の修士課程学生で、その所属する専攻所定の修士課程授業科目を所定の履修方法によって履修し、課程修了に必要な32 単位以上をその学年度までに取得した者、または取得見込みの者は、所定の手続により所定の期日までに修士論文の審査願を提出の上、修士論文を提出できる。

(論文の受理)
第2 条前条の規程を満たし提出される修士論文は、別に定める修士論文の様式を具備するものでなければならない。
2 .提出される修士論文は、所定の日時までに提出されねばならない。
3 .前2 項の要件を満たして提出された修士論文は、本研究科委員会の議を経て、学長が受理する。

(論文の審査)
第3 条修士論文の審査は、修士論文提出者の所属する各専攻ごとに、修士課程の特別研究担当の研究科専任教員を含む2 名以上の審査員によって行われる。
2 .修士論文の審査には、口述試験を課する。

(論文の合否)
第4 条修士論文は、2 年間広い視野に立って専攻分野の研究をした成果に相当するものでなければならない。
2 .修士論文は、社会の要請する学術的あるいは科学技術的課題に対し、当該分野の高度な専門知識および関連分野の幅広い基礎知識を駆使し、与えられた条件の下で、その課題を分析し、解決に至る手順を示し、それを実行し、その結果を明瞭に表現したものであること。
3 .修士論文の合否は、論文の内容ならびに口述試験の結果によって判定する。

第2 章博士論文の審査等

(規程の対象)
第5 条龍谷大学大学院理工学研究科の行う博士論文の審査は、龍谷大学大学院学則の定める博士課程修了の要件の一つとして行われるものと、龍谷大学学位規程第3 条第4 項によって提出された博士の学位請求論文について行われるものの2 種類あるが、本規程は、前者にかかわる審査等の大綱を規定するものである。後者にかかわる審査等については、本学学位規程によるものとする。

(論文の提出資格)
第6 条龍谷大学大学院理工学研究科の博士後期課程学生で、その所属する専攻所定の博士後期課程授業科目を所定の履修方法によって履修し、課程修了に必要な12 単位以上をその学年度までに取得した者、または取得見込の者は、所定の手続により所定の期日までに博士論文の審査願を提出の上、博士論文を提出できる。

(論文の受理)
第7 条前条により博士論文を提出する者は、論文、論文の要旨、参考論文のあるときは当該参考論文、本学学位規程付載の別表第6 の様式による履歴書、各3 通を提出するとともに、所定の審査手数料を納付するものとする。
2 .提出された博士論文については、本研究科委員会の議を経て、学長が受理する。

(論文の審査)
第8 条本研究科委員会は、博士論文の審査に当たり、必要があるときは、論文の提出者に対して、当該論文の関係論文、訳本その他の提出を求めることができる。
第9 条本研究科委員会は、論文提出者の所属する専攻の博士後期課程授業科目の担当教授および関連のある研究科授業科目担当教授のうちから3 名以上の審査員を選び、その審査に当たらせる。
2 .本研究科委員会が必要と認めるときは、前項の規程にかかわらず、本研究科の授業担当の准教授、講師を審査員に入れることができる。
3 .本研究科委員会が必要と認めるときは、本条第1 項の規程にかかわらず、龍谷大学大学院他研究科および他大学の大学院等の教員等を審査員に入れることができる。
第10条博士論文の審査には、口述試験を課する。
2 .前項の口述試験は、当該論文の審査員および本研究科委員会で承認された他の委員を含む5 名が担当し、本研究科の授業担当の教員は、その試験に陪席することができる。

(論文の合否)
第11条博士論文は、その専攻分野について、研究者・技術者として自立して研究・開発活動を行うに必要な高度の研究・開発能力およびその基礎となる豊かな学識を有することを立証するに足りるものでなければならない。
第12条本研究科委員会は、審査員より当該論文の審査報告を受け、論文の合否を決定する。

付則
第1 条この規程は、龍谷大学大学院理工学研究科内規として、平成5 年4 月1 日から施行する。
付則(平成7 年3 月8 日第1 章改正第2 章新設)
第1 条この規程は、龍谷大学大学院理工学研究科内規として、平成7 年4 月1 日から施行する。
付則(平成9 年3 月17 日第2 章第6 条第2 項一部改正)
第1 条この規程は、龍谷大学大学院理工学研究科内規として、平成9 年4 月1 日から施行し、平成9 年度博士後期課程入学者から適用する。ただし、平成8 年度以前博士後期課程入学者については、なお従前の規程を適用する。

Request Information

資料請求