金子 康智(かねこ やすとも)

金子 康智

教授|博士(工学)|北海道大・院・工

専門分野
機械力学・振動工学
研究課題(長期)
回転機械の振動、流体関連振動
研究課題(短期)
ターボ機械の翼やインペラの振動に関する研究

研究テーマ:回転機械の振動に関する研究

回転機械の振動に関する研究、特にターボ機械の翼やインペラの振動に関する研究を行っています。ターボ機械の翼やインペラは,流体エネルギから機械的エネルギへの変換,またはその逆を行うターボ機械の心臓部であり,ターボ機械の性能や信頼性に大きな影響を及ぼします。特に,翼やインペラの損傷原因は振動に起因するものが最も多く,ターボ機械の信頼性を向上させるためには,設計段階で翼やインペラの振動特性を正確に予測し,振動強度を向上させることが不可欠です。具体的には、現在下記のテーマに取り組んでいます。

  1. 翼やインペラの最適設計
    翼やインペラの振動強度設計に、感度解析法、応答曲面法、タグチメソッドなどの最適化手法を適用し、最適な振動強度設計法を確立することを目指しています。
  2. ミスチューンがある翼・ディスク系の振動特性
    実際の翼・ディスク系では、工作誤差や材料定数のばらつきなどにより、個々の翼の特性が僅かに異なります。このような不均一性(ミスチューン)がある翼・ディスク系の振動特性ついて研究しています。
  3. ダンパ翼の振動特性
    蒸気タービン翼やガスタービン翼では、振動応力を低減させるために摩擦や衝突を利用したダンパ翼が採用されています。これらのダンパ翼の振動特性について研究しています。

蒸気タービンロータと翼・ディスク系の振動モードの解析例

蒸気タービンロータと翼・ディスク系の振動モードの解析例

蒸気タービンロータと翼・ディスク系の振動モードの解析例

このページのトップへ戻る