長谷 智弘(はせ ともひろ)

長谷 智弘

教授|博士(工学)|静岡大・院・工

専門分野
映像・音響情報処理、有線・無線通信伝送
研究課題(長期)
人に優しい情報家電の研究
研究課題(短期)
エージェント技術の民生分野への応用

研究テーマ:人にやさしく生活が楽しくなる民生用機器の応用技術

「企業と大学の両方の経験」
大学を卒業以来、電機メーカに20年余り勤務し、その間に映像・音響機器分野の研究開発に従事した後、研究開発部門の管理職を経て、マルチメディア事業の立ち上げや半導体事業分野のマーケティング・企業戦略策定にも従事。とかく大学人は“シーズ指向”であるが、顧客重視の“ニーズ指向”も併せ持っている。
「事業化志向の応用技術」
民生用の映像・音響機器分野の開発経験からアナログ・ディジタル信号処理技術を持つ。また、高周波回路を含む有線・無線機器開発の経験から通信技術もある。さらに、組み込み用マイクロプロセッサの民生分野への応用についての開発経験からハード・ソフト両面の情報関連技術も保有している。
保有国家資格は、技術士(総合技術監理部門、応用理学部門)、第1級陸上無線技術士、第1種伝送交換主任技術者など。保有特許は、登録済みのものが14件。申請は多数。
「技術ばかりでなく企業戦略にも対応」
長谷技術士事務所(文部科学省登録第38960号)を主宰する技術コンサルタントであり、技術面はもちろん、経営面での相談にも応じられる。
勤務していた会社の業務経験以外に、かつて関西の某企業のビジネスプラン策定を引き受け、某大手のベンチャーキャピタルから約1億円の転換社債導入を成功させた経験もある。

ハードウエア開発用ボード

ハードウエア開発用ボード

ソフトウエア開発用ボード

ソフトウエア開発用ボード

このページのトップへ戻る