新川 芳行(しんかわ よしゆき)

新川 芳行

教授|博士(システムズ・マネジメント)|筑波大・院・経営政策科学

専門分野
ソフトウェア工学
研究課題(長期)
ソフトウェア開発、システム開発の自動化
研究課題(短期)
企業モデルの形式化、コンポーネント指向ソフトウェア開発

研究テーマ:企業モデリングと企業情報システム

私は現在、企業モデルの形式化と、モデルベースによる企業情報システム開発方法論についての研究を行っています。ソフトウェア開発の上流工程での形式化や厳密化は一般に難しいため、ドメインナレッジの粗さ(Roughness)をあらかじめ組み込んだ形での形式化とモデル構築を、ラフ集合(Rough Sets)という特殊な集合上で行うというアプローチを採っています。これにより、マトリクス組織のような非階層的な組織における知識の包含関係や整合性の問題を扱えるようになり、ソフトウェア開発における企業モデリングの適用範囲を拡大できる可能性があります。また、前述の「粗さ」の概念を設計やプログラミングといった中・下流工程にまで持ち込むことにより、再利用可能なソフトウェアコンポーネントによる近似的なシステム構築や要求充足度の定量的測定を可能ならしめんことを目指しています。さらに、企業情報システム構築においては、要求側のビジネス的な視点と、実装側のシステム的な視点を矛盾なく融合させる必要がありますが、この二つは異質なものであり共通の言葉で表すと双方に誤解を生む原因になりかねません。このためビジネス側の視点は普通の文章表現を用い、システム的視点はUML表現にし、この二つを矛盾なく結びつけるための概念モデルをカラーペトリネット(CPN)により表現するという開発フレームワークについても研究を進めています。右図1はこのフレームワークの概略を表しています。図2は概念モデル表現に使うCPNの例です。

図1.開発フレームワーク概要

図1.開発フレームワーク概要

図2.CPN表現例

図2.CPN表現例

このページのトップへ戻る