岡田 至弘(おかだ よしひろ)

岡田 至弘

教授|工学博士|立命館大・理工

専門分野
情報処理
研究課題(長期)
コンピュータビジョン
研究課題(短期)
ヒューマンインタフェースの研究、デジタルアーカイブ方式の研究

研究テーマ:コンピュータビジョン/ヒューマンインタフェースのアーキテクチャ・方式の研究

人間の視覚機能を代行させるビジョンシステムとビジョンを活用した次世代コンピュータ・ヒューマンインタフェースの構成の研究をしています。ビジョンすなわち人間の視知覚機能をコンピュータにより代行させることは、人工知能、ロボット工学の長年のテーマであり、また、情報処理の観点からも、視覚情報に代表されるパターン情報の解析・理解といった研究において今後とも最も飛躍的進歩が望まれる分野の1つです。
ビジョンをシステム化するということは、人間の視覚機能を認知科学、人間工学の立場からシステマティックに据え直すことであり、ここから人間の機能の代行を機械、すなわちコンピュータにより実現させることを目的としています。
研究室では、視覚情報の処理・解析・理解の研究が基本となりますが、音声などの各種パターン情報、コンピュータグラフィックスおよび、自然言語インタフェース、人工知能、センサ工学を含んだ広範囲な研究分野が含まれています。また、研究を進める上での基礎技術分野としては、VR(仮想現実)技術、超高速IPネットワーク・分散処理技術などが挙げられます。

物体の復元 2次元画像から物体の3次元形状を復元

物体の復元
2次元画像から物体の3次元形状を復元

運動物体の追跡 動画像中の色、形状、輝度などの情報を元に運動物体を追跡します

運動物体の追跡
動画像中の色、形状、輝度などの
情報を元に運動物体を追跡します。

このページのトップへ戻る