環境ソリューション工学科

環境問題を創造的に解決する人を育てる。
Department of Environmental Solution Technology


地球温暖化、水質汚染、希少動物の絶滅、オゾン層破壊など、私たちの身のまわりには、いろいろな環境問題が山積みとなっています。これらの問題を創造的に解決(Solution)することができる人材を育成していくことを、環境ソリューション工学科は目指しています。

環境問題を創造的に解決する人を育てる。

「エコロジー工学」と「生態環境マネジメント」という両領域を学ぶカリキュラム

この学科では、従来までのように「環境工学」と「生態学」を個別に教育研究するのではなく、各領域を融合し、調査・研究を踏まえた上で、さらに人と自然が共生できる具体的な問題解決の道を探り、それを実現するための知識や技術を学びます。そのために、「エコロジー工学」と「生態環境マネジメント」という両領域を学ぶカリキュラムになっています。

「エコロジー工学」と「生態環境マネジメント」という両領域を学ぶカリキュラム

生態系の観察や実習に適した瀬田キャンパスのロケーション

琵琶湖や大学に隣接している里山など、生態系の観察や実習に適した瀬田キャンパスのロケーションをフル活用したフィールドワークを積極的に取り入れた授業も特色です。積極的にフィールドワークを活用することによって、創造的視野や現状分析力を養い、生態学の知識をもった環境工学のエンジニアと、工学的センスを備えた生態学のエキスパートを育成します。
また、琵琶湖や里山、都市環境など多彩なフィールドで実績のある教授陣の現場経験を活かした授業も特色です。さらに、実践的な研究活動を行なっているフィールドワーカーを講師として招いたり、他大学やNPOとの連携による実践的な取り組みにも触れることができます。
あなたも、人と自然のよりよい関係の実現に向けて行動できる人を目指してみませんか。

生態系の観察や実習に適した瀬田キャンパスのロケーション

このページのトップへ戻る