龍谷大学理工系女子 STYLE

龍谷大学理工学部

ちょっとした気づきが重大な発見に。女性の鋭い観察力が活かされます。

Information

糟野 潤 講師
物質化学科

わたしの専門は電気分析化学です。電荷(イオン・電子)の反応を利用した新しい分析法の開発を目指して日々研究しています。学生には「なぜ」という問いかけを繰り返すことで「考える」習慣をつけてもらい、「理解する」ことの意味を気づいてもらいたいと思っています。

理工系の実験では、その過程において色・形状・温度や電流等の変化が生じる場面が多く、ちょっとした変化に気づくことが時には重大な発見につながることもあります。女性は観察力が鋭く、柔軟できめ細やかな視点を持っており、粘り強さと正確さにも長けていると思います。こうした女性ならではの感性が活かされる場面が理工系には多々あります。女子学生が少ないからといって、躊躇したり、あきらめたりすることなく、強い意志をもって自分のやりたいことにチャレンジしてください。

このページのトップへ戻る