最新情報

2016年度 第5回 REC BIZ-NET研究会 「人工知能やIoTがもたらすビジネスへのインパクトを考える」を開催しました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年12月5日

小野講師の講演
木村教授の講演
谷内様の講演

 12月5日(月)、龍谷大学瀬田キャンパスにて、2016年度 第5回 REC BIZ-NET研究会「人工知能やIoTがもたらすビジネスへのインパクトを考える」を開催しました。
 今回の研究会は、人工知能をソフトとハードの両面から捉え、またIoTも含め、これらがビジネスにどのようにつながるかということをコンセプトに、参加いただいた方々の企業活動のヒントにつなげることを目的に開催しました。

1 「多クラス分類のための人工知能技術」
   龍谷大学 理工学部 電子情報学科 講師 小野 景子 氏

2 「脳型人工知能デバイス」
   龍谷大学 理工学部 電子情報学科 教授 木村 睦 氏

3 「デバイスメーカーから見たIoTビジネス」
   ローム株式会社 基礎研究開発部 部長 谷内 光治 氏

 近年注目を集めている人工知能やIoTといったテーマは、各方面で様々なかたちで情報発信されていますが、REC BIZ-NET研究会では、大学のアカデミックな視点から企業のビジネス的な視点までを幅広く捉え、産・学両者の視点をバランスよく取り入れることができた研究会となりました。研究会には、様々な業種の方々や本学学生が参加し、それぞれの講演を熱心に聴かれる様子がうかがえ、終了後には、3名の講師を囲んで名刺交換や情報交換が活発に行われました。

 RECでは、本研究会にご参加いただいた皆さまとの出会いを大切にし、今後も活動を行ってまいります。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る