最新情報

夏休み子ども理科実験・工作教室

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年7月9日

今年も、小学生に“理科実験のおもしろさ”や“ものづくりの楽しさ”を知ってもらう「夏休み子ども理科実験・工作教室」を開催!12年目の今年、さらに新しい教室が開講されて内容がパワーアップ!!龍谷大学理工学部の先生や大学生のお兄さん・お姉さん達と一緒に、理科を楽しく学びましょう!

★日時
8月7日(木)・8日(金)のいずれか。各日13時~17時

★会場
龍谷大学瀬田キャンパス
★対象・テーマ・定員
●小学1~6年生対象=①竹で星の結晶を作ろう(20人※8/7(木)のみ開催)
●小学1・2年生対象=②自分だけのオリジナルけしゴムをつくろう(20人/日)
③不思議な光の世界「万華鏡」をつくろう(16人/日)
④ミクロの世界をみてみよう(16人/日)
●小学3・4年生対象=②自分だけのオリジナルけしゴムをつくろう(20人/日)
⑤入浴剤を作ろう(16人/日)
⑥自分だけのコマを作って「コマ対決」して遊ぼう(10人/日)
⑦ひかりのふしぎ-CD分光器を作ってにじ色を見よう-(12人/日)
⑧レゴブロックを使って動く仕組みを考えよう(16人/日)
⑨電子オルゴール回路を組み立てよう(16人/日)
●小学4・5・6年生対象=⑩草や木の実で染めてみよう(15人/日)
●小学5・6年生対象=⑪え、うちわでもOK?発電機の仕組みを勉強して風力発電機をつくろう(10人/日)
●共通対象=⑫スライムをつくろう (スライム券の持参者)
●共通対象=⑬ビーズで多面体の宝石を作ろう
●保護者対象=⑭「叱る」と「怒る」の違い-子どもへの理解とかかわり方-(定員なし・申込不要)

★参加費
1,080円(材料費含む)
申込
7月17日(木)10時から受付開始(先着順・電話のみ)
077-543-7848(月~土:10時~16時)龍谷大学REC
※受付初日は電話が混み合いますのでご了承ください。

2014(平成26)年度 夏休み子ども理科実験・工作教室内容一覧

<日時>8月7日(木)、8日(金) 13:00-17:00
対象学年テーマ名定員
1日
担当講師内容注意事項
1~6年竹で星の結晶を作ろう20
(8月7日のみ)
日詰 明男30本の竹ひごを、仲間はずれがないように組み合わせ、星の結晶「星籠(ほしかご)」を作ります。完成した星は小さくたたむことができ、わずかな回転でパッと元の形に戻ります。特になし
1・2年自分だけのオリジナルけしゴムをつくろう20
(10人×2班)
(申込者多数の場合増員可)
青井芳史毎日つかっているけしゴムを自分でつくってみよう。けしゴムはプラスチックからできています。このプラスチックからできたゴムが、えんぴつで書いた字をこすりとることで字が消えます。このけしゴムを自分の手でプラスチックの原料からつくってみましょう。自分の好きないろとかたちの、世界にひとつだけのオリジナルけしゴムをつくりましょう。足の甲がちゃんと隠れる靴を履いてきてください
1・2年不思議な光の世界「万華鏡」をつくろう16
(8名×2班)
下埜 勝鏡を組み合わせて君だけの不思議な光の世界を作りませんか。万華鏡の鏡を1枚だけ、2枚の組み合わせ、3枚の組み合わせにしたらどのような光の世界を見ることができるでしょうか。自分で作った万華鏡を使って実験してみましょう。
作る万華鏡の種類
①:色つきの透明フィルムの小片がつくる光の不思議。
②:びー玉を通して見る光の不思議。
特になし
1・2年ミクロの世界を見てみよう16今井 崇人身の回りにある鉛筆や紙など普段よく目にするモノ達も、顕微鏡をつかって拡大してみると、いつもとは違う様子で見ることができます。光学顕微鏡と走査型電子顕微鏡の2つの顕微鏡を使って人間の目では見えないミクロな世界をごらんください。この講座では見てみたいモノをご持参いただくことも可能です。観察した写真はお持ち帰りいただけます。(試料によっては走査型電子顕微鏡での観察をお断りする場合があります。)装置維持(除湿)のため、室温が低くなっております。上着等をご持参ください。
3・4年入浴剤を作ろう16岩澤 哲郎家庭でも使用可能な入浴剤を手作りし、その原理に触れてみましょう。入浴剤という身近な家庭用品が、ごく簡単に作れるということを子供たちに感じてもらうと同時に、家庭生活の身近なところにも科学的な考え方が使われているということに触れてもらいます。特になし
3・4年自分だけのコマを作って「コマ対決」して遊ぼう10本田 尚義最新の工作機械で作ったコマを自分だけのコマに改造して「コマ対決」して遊ぼう。
①工作機械でコマの原型モデルの作り方を見学します。
②3種類のコマの原型モデルの中から自分の好きな原型モデルをえらび、どのようにコマを改造するかを考えます。
③部品を取り付けて自分だけのコマに改造します。
④自分だけのコマが完成したら
「コマ対決」して遊ぼう。
最新の機械を見て、「ものづくり」を見学できるチャンスです。
足の甲がちゃんと隠れる靴を履いてきてください(サンダル等は避けてください)。
持参物:ドライバー工具(プラス)
3・4年ひかりのふしぎ -CD分光器を作ってにじ色を見よう-12
(6名×2班)
進藤 康則太陽の光などは,いろいろな色の光がまじりあってできています。分光器は,まじりあった光をそれぞれの色の光に分けることが出来るものです。市販のCDを使ってかんたん分光器を作ってみましょう。そして,いろいろな光をかんさつしてみましょう。太陽の光からはにじ色の光りを見ることができます。特になし
3・4年生レゴブロックを使って動く仕組みを考えよう16
(8名×2班)
国府 宏枝レゴブロックを使った作品づくりに挑戦します。動く仕組みが作れるレゴブロックを使います。サンプルをじっくり観察して、完成させましょう。また、プログラミングによって動かすことができるレゴブロックもあります。実際に動かしてみて、楽しさを体験しましょう。特になし
3・4年電子オルゴール回路を組み立てよう16
(8名×2班)
上原 徹ブレッドボートと呼ばれるハンダづけが不要な電子基盤を使って電子オルゴール回路を組み立てます。太陽電池・メロディIC・スピーカなどの電子部品をブレッドボードに直接挿し、回路を作る(配線する)ことにより、簡単な電子回路の実験・作成が簡単に行えます。ブレッドボード上の部品の配線を考え組み立てることにより、電気や電子部品の働きや回路の仕組みなどを学びます。特になし
4~6年草や木の実で染めてみよう15林珠乃里山には、いろんな植物が生えています。これらの植物は、見た目が異なるだけでなく、見えない部分にも個性を持っています。
この教室では、「龍谷の森」に生える植物を使って「草木染め」に挑戦し、「見えない魔法の色」を引き出すことで、里山の生物の豊かさとその恵みについて学びます。
特になし
5・6年え、うちわでもOK?発電機の仕組みを勉強して風力発電機をつくろう20
(10名×2班)
左近 拓男皆さん、家族や友達と旅行に行ったとき、巨大な風車が回転しているのを見たことはありますか?近くだと、草津市の烏丸半島に風車がありますよね。そもそも風車の歴史は、中世にかけては小麦や米、そばの実などの穀物を粉にするために使われていました。あるいは、川から田畑へ水をくみ上げる動力として使われていました。近代になって電気が「発見」されてからは主に発電に使われていて、海外では洋上や平原などでの大規模な発電として実用化されています。ここでは風力発電のしくみを学びながら、小型の風力発電機を一緒に作ってみましょう。うちわでも動くかもしれませんよ。おうちへ持ち帰って発電競争をしてみましょう。特になし
共通スライムをつくろうスライム券の持参者 他下埜 勝、学生なぜか子供達に人気のあるゼリー状のスライムを家庭で使う洗濯のり(主成分:ポリビニルアルコール(PVA))とホウ砂を使って作ります。(一人2枚のスライムを作る券を参加者に配布します 。)(幼児の参加はご遠慮願います。)タオルを持参
共通ビーズで多面体の宝石を作ろう自由参加山岸 義和ビーズ作家の堀部和経先生をお招きして、プラスチックビーズを1本の糸で編み上げ、多面体の宝石を作ります。特になし
保護者対象「叱る」と「怒る」の違い-子どもへの理解とかかわり方定員なし   

昨年度の講座の様子

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る