最新情報

理工学研究科物質化学専攻 西村涼さんが光化学討論会で最優秀学生発表賞を授賞

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年9月9日

学生優秀発表賞の受賞者
学生優秀発表賞の受賞者
主催者と握手を交わす西村さん
関係者での記念撮影(右から2番目が西村さん)
西村さんが受賞した最優秀賞の賞状
西村さんが受賞した最優秀賞の賞状

理工学研究科物質化学専攻修士課程1年の西村 涼さんが、東京大学駒場キャンパスで開催された光化学討論会(2016年9月6日~8日開催)で最優秀ポスター賞(Journal of Materials Chemistry A Presentation Prize )を授賞されました。東京大学や東北大学などの有名大学の大学院博士、修士課程の学生が多く参加する中で授賞の栄冠に輝きました。

光化学討論会は、物理化学、無機化学、有機化学、材料化学の光化学に関する光化学協会が主催しており、日本のトップレベルの活発な学会です。2016年度は、参加者数約650名、口頭発表件数160件、ポスター発表件数320件程度の規模で開催されました。

ポスター賞には、修士課程1年から博士後期課程3年までの学生が応募することができ、今年は72件の申し込みがありました。
審査はA分野(物理化学、無機化学)とB分野(有機化学、材料化学)に分かれて行われ、 A, B分野の申請数は、ほぼ同数(36件程度)でした。

B分野の最優秀ポスター賞受賞者には イギリス化学会より副賞としてJournal of Material Chemistry: A 誌の1年間無料購読が許可されます。
また、A分野の最優秀ポスター賞受賞者にも、Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry誌の1年間無料購読が許可されます。

なお、光化学討論会で行われた授賞式の様子が、同誌のブログへ掲載されました。

Journal of Materials Chemistry Blog

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る